20年を越える実績と県下トップの症例数・技術を自負するインプラントの浜口歯科 徳島・浜口歯科審美インプラントセンター

徳島市の審美歯科・インプラント

  • 浜口歯科について
  • お問い合わせ

審美歯科・インプラント 浜口歯科

サイトマップ

歯を失ったときの従来の治療方法

徳島市インプラントHOME > 歯を失ったときの従来の治療方法

歯を失ったときの従来の治療方法として、「ブリッジ」「入れ歯」がありますが、それぞれに特徴があります。インプラントと比較してみましょう。

ブリッジの特徴

  • ブリッジ健康な歯を削らなければならない
  • 欠損の部分にかかる力が周りの歯の負担になる
  • 欠損部の下の部分(ポンティック部)が汚れやすく不潔になりやすい

インプラントなら

健康な歯を削らなくても大丈夫。
咬合力による周りの歯への負担がないので、歯を飛躍的に長持ちさせます。

[インプラント症例集はこちら]

入れ歯の特徴

  • ブリッジ不快感がある
  • 話をしていると浮き上がってきたり落ちてきたりする
  • 小さな部分入れ歯は飲み込む恐れがある
  • しゃべりにくい
  • 硬いものが噛めない

インプラントなら

取り外す必要がなく不快感がありません。特に下の入れ歯で浮き上がってきて悩んでいる方も、インプラントならしっかりと固定されているため、安心して食事ができます。
クラスプや床がないため、審美的にも優れ、発音が正常にできます。

関連サイト

浜口歯科ホームページ 徳島メタルフリーデンタルクリニック 徳島・浜口歯科インプラントリカバリーセンター
▲ページの先頭へ