20年を越える実績と県下トップの症例数・技術を自負するインプラントの浜口歯科 徳島・浜口歯科審美インプラントセンター

徳島市の審美歯科・インプラント

  • 浜口歯科について
  • お問い合わせ

審美歯科・インプラント 浜口歯科

サイトマップ

「骨が少ない」とインプラント治療を断られた方へ

徳島市インプラントHOME > 「骨が少ない」とインプラント治療を断られた方へ

インプラントに関する治療法

インプラント治療を行うためには、インプラントを埋め込むアゴの骨に充分な厚みが必要です。
ところが、歯周病などによって歯を失った場合や抜歯から長期間経過している場合などは、アゴの骨が痩せてインプラントが埋入できません。そのような場合は、インプラント治療の前に下記のような治療が必要になります。

●サイナスリフト(上顎洞底挙上法)

「サイナスリフト」とは、上顎骨内部にある上顎洞(サイナス)という空洞の底を押し上げる治療法です。サイナスは、さまざまな要因によって拡大する傾向があり、インプラント治療の邪魔になりがちです。それを解決するために、拡大したサイナスに骨補填材やインプラントの一部を挿入するのです。

 

●ソケットリフト

「ソケットリフト」とは、特殊な器具を用いてサイナスの底を押し上げて骨補填材を填入する治療法です。上記の「サイナスリフト」が1〜3mmの空洞を補うのに対して、ソケットリフトは3〜7mmの空洞に対して行われます。

 

●GBR

「GBR」とは、アゴの骨にインプラント治療を行えるだけの厚みがない時に行う治療法です。具体的には人工骨などを使用して骨の厚みを増す方法で、インプラント埋入と同時に行われます。

[インプラント症例集はこちら]

「ソケットリフト」・「サイナスリフト」・「GBR」で使用している骨補填材は、従来、ウシ由来多孔性骨ミネラル補填剤が主流でした。しかし、当院では、早くからドイツ・オラトロニクス社の製品『バイオリゾルブ』β-TCPを使用していますので安全で安心して治療を受けられます。
β―TCP(ベータリン酸第三カルシウム)は、100%化学合成品で骨伝導能に優れており自家骨(自分の骨)と混合させて使用することにより骨の強度や密度を向上させます。

関連サイト

浜口歯科ホームページ 徳島メタルフリーデンタルクリニック 徳島・浜口歯科インプラントリカバリーセンター
▲ページの先頭へ